筋肉質の足痩せダイエット日記

朝食を抜くと太りやすい体質になる?

朝食を抜く

朝食を抜くと太ると聞いたことはないでしょうか?

 

食事で朝は食べれないという人も多いです。時間がない事や食欲が沸かないという理由がほとんどですね。

 

朝食を抜いてしまうと、脳の働きが鈍る為、全体的な活動量が減ってきます。体力が出ない為、体から消費するエネルギー量も減りますし、なるべく使わないように脳が命令を下すのです。

 

また朝食を食べない分、昼食や夕食に食事の量を増やしてしまう為、一食分の摂取カロリーをオーバーしてしまい脂肪として体に貯蓄されてしまいます。

 

ダイエット中であれば昼食も夕食も少なくする傾向が多いのですが、基礎代謝量が落ちてしまいます。食事を抜いたり、食事の量を減らすことで体温が下がり、体が消費出来るエネルギー量も減ってしまいます。

 

便秘が酷くなったりする事も多いので、食事の量を確保することをお勧めします。

 

ダイエットで重要なのは、栄養の偏りをなくして行くことの方が重要です。

 

食事の量で体重を減らすより、栄養のバランスを改善する食事の方法で体脂肪を減らしながら体重を減らしていきましょう。

page top