筋肉の硬さと柔らかさ

筋肉の硬さと柔らかさ

筋肉の硬さ

筋肉にも硬さと柔らかさがあるのはご存知ですか?

 

筋肉が柔らかいと良い筋肉と言われています。良い筋肉は良く伸びて良く縮むと言われています。

 

良く伸びるんだけど縮まない筋肉は、古びたゴムの様になってしまっていて、上手く力が入らない状態です。

 

古びたゴムの様になると、膨張して見える様にもなりやすいんですね。緩み過ぎた場所の筋肉を逆に使ってあげると、引き締まると言われています。

 

例えば魚に塩をふると身がしまります。逆に硬い場合は、筋肉が委縮すると硬さが出てきます。あまり使っていなかったり、使い過ぎて疲労が溜まり続けると萎縮しやすいと言われています。

 

萎縮して行くと筋力はなくなっていきます。なので筋肉の面積もなくなってくるので、細くなっていきます。

 

柔らかい筋肉は良く伸び良く縮みますが、膨張している様に古びたゴムの様な筋肉だと逆に引き締める(筋肉を使ってあげる)、また硬さがある場合は硬さを取ってあげる方が重要です。

筋肉質と筋力

筋肉質と筋力についてですが、筋肉質な足と言うのは良く使われていますが、筋肉量が多いと筋力が強くなります。しかし、筋肉質の足と気にされている方で筋力がない場合は筋...

≫≫ 筋肉質と筋力

脚やせ対策

脚やせしたいけど、ピッタリな手法が分からないというひとは、バランスステッパーはオススメですよ。やはり太ももの肥満解消が脚やせのポイントですね。いずれにしても、運...

≫≫ 脚やせ対策

▲筋肉の硬さと柔らかさ 上へ戻る
筋肉の硬さと柔らかさ page top